末永いお取引の軌跡をつくること

後方事務の業務は、伝票入力や書類整備など、こつこつと地道に作業するものが多くあります。そのひとつひとつがお客さまとの末永いお取引の軌跡をつくる大切な作業です。安心して資産をお預けいただくために、金庫の先輩たちが続けてきた正確な事務を、私も引き継いでいきます。

正確さを維持するために必要なもの

先輩や上司に教わったことをまとめるノートがあります。教わりながら走り書きしたメモとは別です。次に自分が担当する際"なんとなく"や"教わったのに忘れた"では正確な事務はできません。いろいろ書き込んだそのノートを、毎日使っています。

成長を実感

入庫時に金融の基礎知識は全くなかったため不安でした。どの資格をいつごろ取るべきかのアドバイスや通信講座の受講案内といった人事部からのサポートがあり、業務に必要な資格を着実に取得できています。資格を持つことで自信もつきますし、業務に活かせるため知識が身についていくのを実感します。

タイムスケジュール Time schedule
出勤
8:40 始業
課内ミーティング 店内清掃
9:00 開店
テラーの後方支援 テラーが受けた手続きを分担したり、電話対応のほか、得意先担当が預かった伝票入力や通帳作成等の事務処理を行います。
前日午後分の得意先預り事務処理
電話対応 など
12:30 昼食
13:30 テラーの後方支援
午前分の得意先預り事務処理
電話対応 など
15:00 閉店後 勘定締上げ作業 現金、伝票、ATMなどを精査し、テラーと協力して締め作業を行います。
伝票に記入漏れがないかなど内容精査を行います。
 
得意先へ処理後書類の引き渡し作業 作成した通帳などを得意先担当へ引き渡す作業を行います。
17:00 終業
退庫
他の先輩職員の声 Other people