運営方針・重要事項

次世代育成支援対策推進法・女性活躍推進法に基づく事業主行動計画

仕事と生活の調和を図りやすい雇用環境の整備、女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定いたしました。

1.計画期間

2019年4月1日~2022年3月31日

2.目標および取組内容

【目標1】

女性職員の職域の拡大、および管理職(店課長以上)に占める女性割合の向上

数値目標
  • 女性管理職比率を18%以上にする
取組内容
  • 総合職へのコース転換推奨
  • ジョブローテーションの活性化
  • 得意先担当者集合開拓研修への参加

【目標2】

採用者に対する女性割合の向上

 
取組内容
 

  • 女性の活躍についての情報発信

【目標3】

育児休業者に対するフォローアップの強化

 
取組内容
 

  • 育児休業者への通信講座、検定試験の案内
  • 育児休業者の交流の場、情報提供の場を設ける

【目標4】

所定外労働削減のための措置の実施

 
取組内容
 

  • 適正な労働時間管理、労働時間把握の徹底
  • 定時退庫日、早帰り週間の励行

【目標5】

年次有給休暇の取得の促進

 
取組内容
 

  • 夏期休暇以外の連続休暇の取得促進
  • 年次有給休暇を取得しやすい風土づくり

【目標6】

若年層に対する就業体験の機会の提供

 
取組内容
 

  • 寄付講座、職業講話等への参加
  • インターンシップや職場体験の積極的受入れ

3.女性活躍に関する状況(2020年3月末現在)

管理職に占める女性労働者の割合

管理職(営業店の課長以上)に占める女性の割合は17.6%で、前年度と比較し0.4%上昇しています。

採用した労働者に占める女性労働者の割合

2019年度入庫の新入職員38名のうち女性は15名、割合は39.5%で、前年度(39名うち女性16名)と同程度の人数を採用しています。

男女の平均継続勤務年数の差異

平均勤続年数は女性が15年0ヵ月、男性が14年4ヵ月で、男女で勤続年数に大きな差はありません。

労働者の1ヵ月当たりの平均残業時間

時間外勤務の対象となる職員の、1ヵ月当たりの平均残業時間は前年度と同じ13時間でした。