東京信用金庫 金融機関コード:1349

最も身近で、最も頼りにされる金融機関を目指して
貯める・増やす 借りる サービス一覧 東京信用金庫について 採用情報 Q&A
インターネットバンキングご利用時の注意事項について セキュリティ

ホーム

インターネットバンキングご利用時の注意事項について

インターネットバンキング専用の無料ウィルス対策ソフト「Rapport」のご案内

インターネットバンキングの不正取引被害の補償について

盗難・偽造キャッシュカード犯罪防止対策について

警察庁からのお知らせ

貸します詐欺について

振り込め詐欺救済法

暴力団等排除対策協議会

インターネットバンキング
インターネットバンキング 個人のお客様 インターネットバンキング 法人のお客様
インターネットバンキング サービス案内はこちら

手数料一覧

金利一覧

店舗・ATM・営業時間

リンク

イベント・トピックス

預金保護制度について

振り込め詐欺にご注意ください

不正アクセスによる被害にご注意ください

 現在、お客様のパソコンをウイルス感染させ、インターネットバンキングのIDや暗証番号等を不正に取得するとともに、お客様に気づかれずにパソコンに侵入し、お客様の口座から不正に預金を引き出す被害が全国の金融機関で発生しています。
 お客様におかれましては、不正な引き出しを確認された際には、早急に当金庫へご連絡いただくとともに、このようなパソコンのウイルス感染や不正な引き出しの被害発生等を防ぎ、サービスをより安全にご利用いただくため、以下の点にご注意いただきますようお願いします。

1.お客さまカードの管理は厳重に行う

2.パスワードの管理は厳重に行う
 ・パスワードの変更は定期的に行う(なるべく頻繁に変更してください)
 ・生年月日や電話番号など推測されやすいものは、パスワードとして使用しない
 ・パスワードを付箋で貼り付ける等、目に付くような所に置かない
 ・インターネット上にIDやパスワード、および第2パスワードを保存しない
 ・パスワードは他人に教えない
 (当金庫から電話や電子メールで確認を求めることは絶対にありません)

3.インターネットバンキングを利用するパソコンのセキュリティ対策は万全にしておく
 ・Windowsの場合は、WindowsUpdateを実行し、常に最新の状態にしておく
 ・セキュリティ対策ソフトを導入し、常に最新の状態に更新しておく
 ・法人の場合、「ID/パスワード方式」ではなく、「電子証明書方式」を利用する

4.電子メールの取り扱いに留意する
 ・心当たりのない電子メールのリンクや添付ファイルは開かない
 (コンピュータウイルスに感染する恐れがあります)
 ・連絡先の電子メールアドレスにYahooメール等のWEBメールのものを使用しない
 (やむを得ず使用する場合は、WEBメールのアカウントの管理を厳重に行う)

5.不審なホームページにアクセスしない

6.前回のログイン時間を確認する
 ・身に覚えのないログイン時間である場合は、早急に当金庫へご連絡ください。

7.取引限度額は必要最小限に設定する

8.その他の注意事項
 ・他のWEBサイトで使用しているアカウント(IDとパスワード)と同じものは使用しない
 ・インターネットカフェ等の不特定多数が使用するパソコンでインターネットバンキングは利用しない
 (IDやパスワードが盗まれる恐れがあります)

以上の対応を行うことで、他社サイトからのアカウント流出事件が発生した場合にも、被害を最小限に抑えることができます。ご不便な点もあるかとは存じますが、お客さまの大切な財産を守るためにも、上記対応をぜひ実践していただきますようお願い申し上げます。


※WEBメール(ウェブメール)
インターネットエクスプローラ等のブラウザ(ホームページ閲覧ソフト)を使用して、電子メールを利用する仕組みのことです。代表的なものには、Yahoo!メールやGmailなどがあります。


 不正ソフトについて
 フィッシング詐欺等について
 スパイウェアについて

ページトップ▲

Copyright(c) 2009 The Tokyo Shinkin Bank All Rights Reserved.

個人情報保護について | サイトマップ | お客さま相談窓口