内定後の流れ

内定
内定式
  • 顔合わせ
  • 通信講座(任意)
  • ビジネスマナーなどの通信講座
  • 内定者懇親会
入庫前研修
入庫
入庫式
入庫研修
配属式
配属先での勤務
フォローアップ研修
フォローアップ研修
実務競技会
フォローアップ研修
フォローアップ研修
通信講座確認テスト

内定者懇親会
配属式
入庫研修
マンツーマン指導
実務競技会

人材育成

内部研修
新入職員への研修

入庫後
(入庫研修)

入庫後の約1ヵ月間、本店にて「入庫研修」が行われます。社会人としての姿勢や基本的マナーの習得、金融機関の職員としての基礎知識を学ぶとともに同期の仲間との一体感の醸成を図ります。

配属後
(OJT)

配属後は先輩職員の指導のもと、約6ヵ月間マンツーマンで基礎的な実務習得をします。

入庫約2~3年
(ジョブローテーション)

入庫後、約2~3年程度で事務課・融資課・得意先課の各業務を経験する「ジョブローテーション」により、信用金庫職員としての基礎を築いていきます。

多層別・職種別の研修
多様化・専門化する顧客ニーズに対応できる職員の育成のため、個々の職員の能力開発やスキルアップをめざします。入庫の年度別、役職別、担当の業務別に研修を実施しています。(新入職員入庫研修、テラー研修、得意先担当者研修 等)
外部研修
主に「東京都信用金庫協会」や「全国信用金庫協会」などが主催する研修があります。その職務に応じて人事部から指名する場合、公募する場合があります。多くのチャンスを用意し、自発的に挑戦する職員の姿勢に応えています。
OJT(職場内研修)
東京信用金庫では、教育の中心はOJTと考えます。配属後、営業店で、業務を通して先輩や上司が直接指導する体制です。
また、現場の実情に合わせたテーマを選び、研修の年間計画をたて、職場内での勉強会を実施しています。
自己啓発
「通信講座奨励制度」、「公的資格取得奨励制度」、「検定試験奨励制度」があります。
また、通信講座の修了や試験の合格をポイントに換算し、職員にポイントを付与しています。一定のポイントを持っていることが昇格の要件で、自己啓発の努力は人事処遇面に反映される仕組みです。
通信講座奨励制度
人事部指定通信講座17講座、任意通信講座約150講座を奨励
公的資格取得奨励制度
公的資格の取得を奨励し、取得時には奨励金を支給。
(中小企業診断士・社会保険労務士・宅地建物取引士・FP技能士・金融窓口サービス技能士・簿記 等)
検定試験奨励制度
金庫が指定する「銀行業務検定試験」、「金融業務能力検定」等に合格の際は、奨励金を支給。