東京信用金庫 金融機関コード:1349

最も身近で、最も頼りにされる金融機関を目指して
貯める・増やす 借りる サービス一覧 東京信用金庫について 採用情報 Q&A
お知らせ

ホーム

インターネットバンキング
インターネットバンキング 個人のお客様 インターネットバンキング 法人のお客様
インターネットバンキング サービス案内はこちら

手数料一覧

金利一覧

店舗・ATM・営業時間

リンク

イベント・トピックス

預金保護制度について

振り込め詐欺にご注意ください

2019年5月吉日
東京信用金庫

改元に係る各種対応について

 平素より、東京信用金庫をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
2019年5月1日の新天皇即位に伴い、5月1日に改元が実施されました。
 当金庫におきましても、お客様に極力ご不便をお掛けすることのないよう準備を進めておりますが、一部やむをえずお客様にお手数をお掛けする場合がございます。
 つきましては、当金庫の取り扱いをご案内いたしますので、ご承知おきください。
 なお、この各種対応に関して当金庫の職員がキャッシュカードなどの暗証番号をおたずねすることや、キャッシュカードをお預かりすることはございません。

● 改元に係るQ&A
Q1. 「平成」が記載されている帳票類はそのまま使えますか?
A. 2019年5月以降「平成」表記の帳票類はそのままご利用いただけます。
そのままご利用いただく場合には、平成「31」年とご記入ください。
本年中は「令和」1年と読み替えて対応させていただきます。
また、運転免許証等の官公署発行の証明書等は、「平成」表記の場合も有効な証明書として受け付けいたします。
Q2. 「平成」が表記されている帳票類は訂正印が必要ですか?
A. 「平成」表記の帳票類はそのままご利用いただけますが、お客様が新元号に訂正される場合には「平成」に二重線を引き、新元号をご記入ください。
訂正印は原則不要です。
    <例> 令和
1年5月7日
Q3. 新元号の記載は「1年」と「元年」のどちらですか?
A. 「1年」、「元年」どちらの記載も可能です。

ページトップ▲

Copyright(c) 2009 The Tokyo Shinkin Bank All Rights Reserved.

個人情報保護について | サイトマップ | お客さま相談窓口 | 電子公告